漢字の成り立ち

「行」の漢字は彳+亍で成り立つ漢字ではない<漢字の意味・読み方・画数・部首一覧>

行の成り立ちの種類 象形文字
行の漢字の部首・画数 (部首)行 (ぎょう・ぎょうがまえ・ゆきがまえ)(画数)6画
行の漢字の読み方 (音)コウ・ ギョウ・ アン(訓)・ ・ おこな [外]・ みち
行の漢字の意味 いく、ゆく、歩く、すすむ、死ぬ、おこなう、ふるまう、おこなわれる、おこない、やる、宗教上のつとめ、たび、みち、道路、ならび、ならんだもの、れつ、みせ、「銀行」の略、書体の一つ(行書)
行の漢字の学年・漢字検定 (学年)小学校2年生(漢字検定)9級

ここでは「行」の成り立ちについて解説します。

「行」という漢字を見ていると、漢字をさ左右に分けて、会意文字などと考えられそうですが、実は象形文字です。

何をかたどった成り立ちなのででしょうか?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

*

漢字の成り立ち「行」
(象形文字)

漢字の成り立ちの種類を見る

 

漢字の成り立ち<古代文字の甲骨文字・金文・篆文(篆書体)とは>

 

 

 

「行」の成り立ちは、四方に道が延びる十字路の形を表した象形文字です。

十字路は人通りの多い道を目的地に向かって「いく」となり、その後「いく」というそのものの行為の意味となりました。

また、道は目的地に向かって真っ直ぐ繋がっていることから、真っ直ぐ筋を通して「おこなう」と意味が派生していったのです。

「行」が「コウ」と読むのは、同じ「まじわる」というイメージを持つ「交(コウ)」から取ったと言われています。

「行」を「なめ」と読む理由

人気スポット湘南。

このエリアにある行谷ですが、その読み方はご存じでしょうか?

行谷・・・こうたにではありません。

 

実は「なめがや」と読みます。

なぜ「行」を「なめ」と読むのでしょうか?

それは「行」の持つ意味が関係しているようです。

 

「行」には前述の通り、「ならび、ならんだもの、れつ」という意味があります。

並べることを「並む(なむ)」と言い、「ならべる、れつ」といった意味を持つ「行」も「なめ」と読むことがあるようです。

 

ところで金文って何かコミカルに見るのは私だけでしょうか・・・?

 

スポンサーリンク

「行」の漢字の成り立ちが分かったら、次は正しい形で書く練習です。

昨今では、携帯電話やパソコンが普及し、日常生活から手書きで書く、という機会が減りました。

ですが一方で、漢字学習においては、その文字を記憶するには手書きすることが一番、能力の向上に役立つ、という研究結果も出てきているところです。

また、お年寄りにとっても、手書きするということが脳機能を活性化させ、痴呆防止にも役立つと言われています。

実は90%以上の方が、老化防止として、新しいことを始めることに意欲的なんだそうですよ!

ここでもう一度、「行」という漢字が、

  • どのような形で
  • どのような筆順で
  • どのような所に注意したら良いか

確認しながら練習してみましょう。

漢字「行」の綺麗な書き方

漢字<画数で検索>する場合はこちら

漢字<部首から検索>する場合はこちら

ゆっくり練習していきましょう。

漢字「行」の綺麗な書き方<ポイント>

・1画目よりも2画目の方を長く払う

・4画目よりも5画目の方が長くなるように書く。

・6画目は3画目の終点よりも下の位置から跳ねる。

スポンサーリンク

漢字の成り立ち「行」まとめ

では最後はまとめです。

「行」の漢字の成り立ちは、

  • 四方に道が延びる十字路の形を表した象形文字。
  • 漢字の意味は、いく、ゆく、歩く、すすむ、死ぬ、おこなう、ふるまう、おこなわれる、おこない、やる、宗教上のつとめ、たび、みち、道路、ならび、ならんだもの、れつ、みせ、「銀行」の略、書体の一つ(行書)
  • 部首は「行 (ぎょう・ぎょうがまえ・ゆきがまえ)で、画数は6画。
  • 読み方は、(音)コウ・ ギョウ・ アン(訓)・ ・ おこな [外]・ みち 
  • 小学2年生の漢字。
  • 漢字検定は9級。
  • 書き順のポイントは、「1画目よりも2画目の方を長く払う」「4画目よりも5画目の方が長くなるように書く」「6画目は3画目の終点よりも下の位置から跳ねる」こと。

 

以上が漢字「行」のまとめです。

いかがでしたか?

楽しい漢字ライフを♪

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています