漢字の成り立ち

「上」の漢字の成り立ちは篆文の形が面白い!<漢字の意味・読み方・画数・部首一覧>

成り立ちの種類 指事文字
漢字の部首・画数 (部首)一 (いち)(画数)3画
漢字の読み方 (音)ジョウ・ ショウ訓)うえ・ うわ・ かみ・ げる・ がる・ のぼ・ のぼせる・ のぼ [外]たてまつ・ ほとり
漢字の意味 うえ、かみ、うえのほう、高いほう、年齢や地位・身分などが高い、程度が高い、よい、すぐれる、順序が先のほう、まえ、あがる、あげる、のぼる、高いほうに動く、たてまつる、のぼせる、おおやけの場にかかげる、ほとり、あたり、…に関して、…において、漢字の四声の一つ(上声)
漢字の学年・漢字検定 (学年)小学校1年生(漢字検定)10級

 

「上」という漢字は、数少ない指事文字です。

どのようにして「上」という漢字ができたのでしょうか。

3画しかない単純な漢字ですが、下の横線(ー)には2つ説があります。

詳しく見ていきましょう!

個人的には、篆文が「上」を表すのにとても面白い形をしていると思います。

スポンサーリンク

*

漢字の成り立ち「上」
(指事文字)

漢字の成り立ちの種類を見る

漢字の成り立ち<古代文字の甲骨文字・金文・篆文(篆書体)とは>

 

 

 

上の漢字の成り立ちは、下にある物の上に点を乗せることで「うえ」を表した指事文字です。

また、下の長い線を「手のひら」に見立て、手のひらの上に点を付けることで「うえ」を表した、という説もあります。

どちらにしても、下の線を境に点を付けることで上を表現しています。

最初は点で表していた「うえ」ですが、後に点がしっかりとした線となりました。

ここから更に点が加わり、現在の「上」という漢字になったのです。

 

篆文を見ると分かりやすいですが、線が上に伸びていくような形をしていますね。

このように「うえ」というのは、上下の上、というだけでなく、上へ上へと積み上がっていく、「あがる」というイメージも持つ漢字なのです。

 

 

「上」の漢字の成り立ちが分かったら、次は正しい形で書く練習です。

昨今では、携帯電話やパソコンが普及し、日常生活から手書きで書く、という機会が減りました。

ですが一方で、漢字学習においては、その文字を記憶するには手書きすることが一番、能力の向上に役立つ、という研究結果も出てきているところです。

また、お年寄りにとっても、手書きするということが脳機能を活性化させ、痴呆防止にも役立つと言われています。

実は90%以上の方が、老化防止として、新しいことを始めることに意欲的なんだそうですよ!

ここでもう一度、「上」という漢字が、

  • どのような形で
  • どのような筆順で
  • どのような所に注意したら良いか

確認しながら練習してみましょう。

スポンサーリンク

漢字「上」の綺麗な書き方

漢字<画数で検索>する場合はこちら

漢字<部首から検索>する場合はこちら

ゆっくり練習していきましょう。

漢字「上」の綺麗な書き方<ポイント>

・1画目の書き順を間違いやすいので注意する。

・2画目は少し右斜め上に向けて書く。

・3画目は長く反らせながら書く。

 

漢字の成り立ち「上」まとめ

では最後はまとめです。

「上」の漢字の成り立ちは、

  • 下にある物の上に点を乗せることで「うえ」を表した指事文字。
  • 漢字の意味は、うえ、かみ、うえのほう、高いほう、年齢や地位・身分などが高い、程度が高い、よい、すぐれる、順序が先のほう、まえ、あがる、あげる、のぼる、高いほうに動く、たてまつる、のぼせる、おおやけの場にかかげる、ほとり、あたり、…に関して、…において、漢字の四声の一つ。
  • 部首は「 一(いち)で、画数は3画。
  • 読み方は、ジョウ・ ショウ訓)うえ・ うわ・ かみ・ げる・ がる・ のぼ・ のぼせる・ のぼ [外]たてまつ・ ほとり
  • 小学1年生の漢字。
  • 漢字検定は10級。
  • 書き順のポイントは、「1画目の書き順を間違いやすいので注意する」「2画目は少し右斜め上に向けて書く」「3画目は長く反らせながら書く」こと。

以上が漢字「上」のまとめです。

いかがでしたか?

楽しい漢字ライフを♪

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています