漢字の成り立ち

漢字の成り立ち「岩」

 

成り立ち博士
成り立ち博士
こんにちは、成り立ち博士です。

 

今日は小学校二年生で学習する「岩」という漢字です。

成り立ち・読み方・書き順を分かりやすく紹介します。

漢字が好きな人、漢字検定を受ける人もぜひ最後まで読み進めてくださいね♪

スポンサーリンク

*
*
目次から読みたい所へ飛べますよ♪

漢字の成り立ち「岩」
(象形文字)

漢字の成り立ち<象形文字とは>

がん

 

 


漢字の成り立ち<古代文字の甲骨文字・金文・篆文(篆書体)とは>

 

 

 

もとの漢字は「がん」で、山に岩石が乗っているのをかたどって作られた象形文字です。

そこから「いわ」という意味で使われるようになりました。

 

さて次は読み方です。

「岩」という漢字の読み方を全て知っていますか?

もしかしたら意外な読み方があるかもしれません。

チェックしてみましょう!

スポンサーリンク

*

漢字「岩」の読み方

 

音読み・訓読み別に見ていきましょう。

音読み

「ガン」
例:岩盤(がんばん)、岩窟(がんくつ)、岩塩(がんえん)、岩石(がんせき)、岩床(がんしょう)、岩礁(がんしょう)、岩頭(がんとう)、礫岩(れきがん)奇岩(きがん)、溶岩(ようがん)、頁岩(けつがん)、砂岩(さがん・しゃがん)、巨岩(きょがん)、花崗岩(かこうがん)、火山岩(かざんがん)

訓読み

「いわ」
例:岩屋(いわや)、岩木(いわき)、岩山(いわやま)、岩肌(いわはだ)、岩組(いわぐみ)、岩室(いわむろ)、岩穴(いわあな)、岩根(いわね)、岩魚(いわな)、岩場(いわば)、岩船(いわふね)、岩清水(いわしみず)

 

では次に「岩」の書き順・書き方です。

漢字検定でも、雑な書き方は減点対象です。

<漢検>採点基準と合格基準

一画ずつ丁寧に解説していきますね。

漢字「岩」の書き順・書き方
(八画)(部首:山)

漢字<画数で検索>する場合はこちら

漢字<部首から検索>する場合はこちら

ゆっくり練習していきましょう。

一画目

・マスの中心を意識して、下へ真っ直ぐ短く進み、止めます。

ニ画目

・一画目の始点よりも低い位置から、外向きに短く進み、一旦止めます。

・そのまま右へ少し反りながら進み、止めます。

三画目

・一画目の始点よりも低く、ニ画目の始点よりは少し高い位置から、内向きに短く進み止めます。

・ニ画目の終点から少し突き出るようにしましょう。

四画目

・ニ画目の始点とだいたい揃える所からやや右斜め上へ進み、三画目の始点と揃う位置で止めます。

五画目

・左斜め下へはらいます。
(画像では四画目の左寄りから書き始めていますが、四画目の真ん中から左斜め下へはらっても綺麗に書けます。)

六画目

・五画目の始点とだいたい揃う所から、やや内向きに短く進み、止めます。

七画目

・六画目の始点から、やや右斜め上へ進み、一旦止めます。

・そのまま内向きに短く進み、止めます。

八画目

・六画目の終点から、やや右斜め上へ進み、七画目の終点から少しはみ出た所で止めます。

 

止める所、払うところ、中心を意識するなど、色々なポイントがありましたね。

注意して書きましょう。

綺麗に書けるようになると、メールじゃなくて手書きの手紙を書いてみたくなりますよ♪

ぜひ挑戦してくださいね^^

「岩」は漢字検定9級レベル

漢字検定のレベル別詳細についてはこちら

 

最後はこの記事のまとめです。

そうだった!こんなこと書いてたな!

と思い出してくださいね^^

スポンサーリンク

*

漢字の成り立ち「岩」まとめ

それでは最後にまとめていきましょう。

  • 「岩」の漢字の成り立ちは、元は「がん」という漢字で、山に岩石が乗っているのをかたどって作られた象形文字。
  • 読み方は「ガン」「いわ」。
  • 漢字「岩」は八画で、部首は山。
  • 「岩」は漢字検定9級レベルである。

 

以上が漢字「岩」のまとめです。

いかがでしたか?

漢字の成り立から覚えていくと難しい漢字も覚えやすくなりますよ。

楽しく学んでくださいね♪

 

 

 

こちらの記事も読まれています