漢字の成り立ち

「絵」の漢字の成り立ちは刺繍に関係した綺麗な成り立ち<漢字の意味・読み方・画数・部首一覧>

成り立ち 形声文字
部首 画数 (部首) 糸 (いと・いとへん)(画数)12画
読み方 (音)カイ・ 
学年 小学校2年生
漢字検定 9級

名前に付けられる漢字としても人気のあった「絵」ですが、なるほど、綺麗な成り立ちです。

漢字の成り立ちは、生や死など、生活に直結したことから成り立つことが多いですが、これは芸術的なところからできた漢字でした。

詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

*

漢字の成り立ち「絵」
(形声文字)

漢字の成り立ちの種類を見る


漢字の成り立ち<古代文字の甲骨文字・金文・篆文(篆書体)とは>

 

 

繪/絵

 

絵の難しい漢字(旧字)は「繪」。

音を表す「會(クワイ)」と意味を表す「糸」が組み合わさってできた形声文字です。

「會」は、「多くのものが集まる」というイメージがあり、「糸」は絹糸を表しています。

 

説文解字(最古の部首別漢字字典)に「五采(色)を會(あつ)めたる繍(ぬひとり)なり」とあり、もともと「絵」は、五色の刺繍による絵模様のことでした。

のちに、色彩としての「絵」で使われるようになります。

「絵」は刺繍の模様や帛と呼ばれた絹布に描かれた絵画のことで、「画」は彫刻した模様を言いました。

 

 

「絵」の漢字の成り立ちが分かったら、次は正しい形で書く練習です。

昨今では、携帯電話やパソコンが普及し、日常生活から手書きで書く、という機会が減りました。

ですが一方で、漢字学習においては、その文字を記憶するには手書きすることが一番、能力の向上に役立つ、という研究結果も出てきているところです。

また、お年寄りにとっても、手書きするということが脳機能を活性化させ、痴呆防止にも役立つと言われています。

実は90%以上の方が、老化防止として、新しいことを始めることに意欲的なんだそうですよ!

ここでもう一度、「絵」という漢字が、

  • どのような形で
  • どのような筆順で
  • どのような所に注意したら良いか

確認しながら練習してみましょう。

スポンサーリンク

漢字「絵」の綺麗な書き方

漢字<画数で検索>する場合はこちら

漢字<部首から検索>する場合はこちら

ゆっくり練習していきましょう。

漢字「絵」の綺麗な書き方<ポイント>

・1、2画目の斜め線↙は、平行になるように書く

・10画目は9画目よりも長く書く

・11画目の下部分に空白があるように書く

漢字の成り立ち「絵」まとめ

では最後はまとめです。

「絵」の漢字の成り立ちは、

  • 音を表す「會(クワイ)」と意味を表す「糸」が組み合わさってできた形声文字。
  • 漢字の意味は、いろどり、もよう、線や色で姿や形をえがいたもの、えがくこと。
  • 部首は「 糸 (いと・いとへん)で、画数は12画。
  • 読み方は、(音)カイ・ 
  • 小学2年生の漢字。
  • 漢字検定は9級。
  • 書き順のポイントは、「1、2画目の斜め線が平行になるように書くこと」「10画目は9画目よりも長く書くこと」「11画目の下部分に空白があるように書くこと」

以上が漢字「絵」のまとめです。

いかがでしたか?

楽しい漢字ライフを♪

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています