漢字の成り立ち

漢字「末」の成り立ちは木の上の方に印をつけ一番遠い所を指している

 

成り立ち 指事文字
部首 画数 木 (き・きへん) 5画
読み方 (音)マツ、バツ (訓)すえ (外)うら
学年 小学4年
漢字検定 7級

スポンサーリンク

漢字の成り立ち「末」
(指示文字)

漢字の成り立ち<象形文字とは>

「末」は「木」の上の方に印(-)をつけ、一番遠い所を指している指事文字です。

「木」の上の端の部分を表していることから「すえ」と言う意味を表しています。

どのような太い幹の木であっても、枝分かれをし、その先は細く小さくなっています。

木のこづえ、などと言われる先端、細く小さい部分に印を付けることで、細く小さい端のことを指しています。

「末(すえ)」と言う字は「はし」「あとのほう」という意味を持っています。

「末」と似た字に「未(み)」があります。

「木」につけた印が長いか短いかの違いです。

「末」は後ろを指す言葉でありますが、未は木の先端が伸びる様子を表した象形文字となります。

似ている漢字ですが、成り立ちの意味は全く異なる正反対の意味を持っています。

漢字を覚えたばかりだったり、急いで書いたりすると同じように書いてしまいますが、違う文字、違う意味であると理解をして字を書くようにしましょう。

「末」には先に紹介した意味とは別に「これからのち・将来」などの意味があります。

細く小さい枝、この枝はこれから一番成長していく部分であるので、未来を表すという意味があるのは理解できそうですが、どのような意味があるのでしょうか?

細く小さい枝は、これから成長していく大事な部分、どのような幹となり枝を伸ばしていくのかは成長しなけれな分からない。

この先の成長を期待する、その成長が楽しみだということが、これからの未来を指しているのでしょう。

未来や将来などの言葉が入った文字には、枝葉を広げた大きな木をモチーフにしたものが多くありますよね?こうやって調べてみると使う理由も理解ができてきます。

 

こちらの意味を使った言葉として「末末(すえずえ)」と言う言葉がありますが、この言葉の意味は「のちのち、遠い将来」。

この先にあるものが「末」なのでしょう。

スポンサーリンク

漢字「漢」の書き順

漢字<画数で検索>する場合はこちら

漢字<部首から検索>する場合はこちら

2画

1画目の真ん中を通るように

4~5画

4、5画は左右に大きく払う

「末」の難読漢字

末成り(うらなり)

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています