漢字の成り立ち

漢字の成り立ち「愛」

 

成り立ち博士
成り立ち博士
こんにちは、成り立ち博士です。

 

今日は小学校四年生で学習する「愛」という漢字です。

成り立ち・読み方・書き順を分かりやすく紹介します。

漢字が好きな人、漢字検定を受ける人もぜひ最後まで読み進めてくださいね♪

スポンサーリンク

*
*
目次から読みたい所へ飛べますよ♪

漢字の成り立ち「愛」
(会意文字)

漢字の成り立ち<会意文字とは>

 


漢字の成り立ち<古代文字の甲骨文字・金文・篆文(篆書体)とは>

 

 

 

(あい)とこころが組み合わさってできた会意文字です。

は振り返る人を表現した形で、心は心臓の形を表しています。

名残惜しそうに振り向く様子から、その気持ちを「愛」という漢字で表現し、「いつくしむ」という意味で使われるようになりました。

 

さて次は読み方です。

「愛」という漢字の読み方を全て知っていますか?

もしかしたら意外な読み方があるかもしれません。

チェックしてみましょう!

スポンサーリンク

*

漢字「愛」の読み方

音読み・訓読み別に見ていきましょう。

音読み

「アイ」
例:愛顧(あいこ)、愛称(あいしょう)、純愛(じゅんあい)、相愛(そうあい)、他愛(たあい)、愛人(あいじん)、愛婿(あいせい)、愛憎(あいぞう)、愛撫(あいぶ)、愛別(あいべつ)、愛欲(あいよく)、愛憐(あいれん)、最愛(さいあい)、敬愛(けいあい)、兼愛(けんあい)、性愛(せいあい)、親愛(しんあい)、情愛(じょうあい)、信愛(しんあい)、偏愛(へんあい)仁愛(じんあい)、博愛(はくあい)、汎愛(はんあい)、友愛(ゆうあい)、愛情(あいじょう)、愛育(あいいく)、愛玩(あいがん)、愛郷(あいきょう)、愛犬(あいけん)、愛護(あいご)、愛国(あいこく)、愛妻(あいさい)、愛児(あいじ)、愛車(あいしゃ)、愛社(あいしゃ)、愛嬢(あいじょう)、愛鳥(あいちょう)、愛惜(あいせき)、愛蔵(あいぞう)、愛息(あいそく)、愛重(あいちょう)、愛馬(あいば)、遺愛(いあい)、恩愛(おんあい)、自愛(じあい)、慈愛(じあい)、鍾愛(しょうあい)、寵愛(ちょうあい)、溺愛(できあい)、盲愛(もうあい)、愛嬌(あいきょう)、愛敬(あいきょう)、愛想(あいそ)、恋愛(れんあい)愛執(あいしゅう)、愛染(あいぜん)、愛着(あいちゃく)、求愛(きゅうあい)、熱愛(ねつあい)、愛慕(あいぼ)

訓読み

「め」「お」「まな」「かな」「いと」「う」(常用外)
例:愛でる(めでる)、愛逢月(めであいづき)、愛しむ(おしむ)、愛娘(まなむすめ)、愛しい(かなしい)、愛しい(いとしい)、愛子(いとしこ)、愛い(うい)

その他

愛蘭(アイルランド)、愛撒倫(アイスランド)、愛迪生(エジソン)、愛因思坦(アインシュタイン)

では次に「愛」の書き順・書き方です。

漢字検定でも、雑な書き方は減点対象です。

<漢検>採点基準と合格基準

一画ずつ丁寧に解説していきますね。

漢字「愛」の書き順・書き方
(十三画)(部首:心)

漢字<画数で検索>する場合はこちら

漢字<部首から検索>する場合はこちら

ゆっくり練習していきましょう。

一画目

・左斜め下へ寝かせるようにして短くはらいます。

ニ画目

・一画目の終点付近から、右斜め下へ、短く点を書き止めます。

・一画目に付かないようにしましょう。

三画目

・一画目に付けて、ニ画目よりも高い位置から、短く点を書き止めます。

四画目

・一画目の外側から、左斜め下へ短くはらいます。

五画目

・外向きに短く点を書き止めます。

六画目

・五画目の始点から、やや右斜め上へ進み、一旦止めて、左斜め下へ角度を付けて短くはらいます。

そのまま七画目へつなげるイメージです。

七画目

・「心」を書いていきますが、一~六画目の中で納まるように書きましょう。

・外向きに短く点を書き止めます。

八画目

・少し丸みを付けながら右斜め下へ進み、一旦止めてから、左斜め上へ跳ねます。

・七画目の終点と下の高さを合わせましょう。

九画目

・三画目と平行になるようにして、短く点を書き止めます。

十画目

・九画目と平行になるように、短く点を書き止めます。

十一画目

・左斜め下へ長めにはらいます。

十二画目

・十一画目の始点から、やや右斜め上へ短く進み(マスのたての中心で幅が均等になるように)、十一画目と平行になるように長めにはらいます。

十三画目

・十一画目の始点よりも少し下から、右斜め下へ真っ直ぐ進み、最後は力強く右へはらいます。

・十二画目と交差するのは、マスのたての中心です。

 

止める所、払うところ、角度を付ける所など、色々なポイントがありましたね。

注意して書きましょう。

綺麗に書けるようになると、メールじゃなくて手書きの手紙を書いてみたくなりますよ♪

ぜひ挑戦してくださいね^^

「愛」は漢字検定7級レベル

漢字検定のレベル別詳細についてはこちら

 

最後はこの記事のまとめです。

そうだった!こんなこと書いてたな!

と思い出してくださいね^^

スポンサーリンク

*

漢字の成り立ち「愛」まとめ

それでは最後にまとめていきましょう。

  • 「愛」の漢字の成り立ちは、と心が組み合わさってできた会意文字。
  • 読み方は、「アイ」「め(でる)」「お(しむ)」「かな(しい)」「いと(しい)」「う(い)」。
  • 漢字「愛」は十三画で、部首は心。
  • 漢字検定7級レベル。

 

以上が漢字「愛」のまとめです。

いかがでしたか?

漢字の成り立から覚えていくと難しい漢字も覚えやすくなりますよ。

楽しく学んでくださいね♪

 

 

 

こちらの記事も読まれています