会意文字とは

会意文字の成り立ちは日本独自の漢字が多い

*

スポンサーリンク

 

漢字のには「六書」という基本的構成方法がります。

六書とは、「象形」「会意」「指事」「形声」「転注」「仮借」であり、ここでは「会意文字について解説していきます。

六書の中の会意文字

説文解字(最も古い部首別辞典)によると【類を並べ義を合はせ、以て指撝しきあらはす】とあります。

もともとあった指示文字や象形文字を合わせて別の意味として表現された文字のことを言います。

日本独自の漢字の多くは会意文字とされています。

 


(日+月→明)

(口+鳥→鳴)

(人+木→休)

 

 

象形文字一覧はこちら

形声文字の意味はこちら

会意文字の意味はこちら

指事文字の意味はこちら